今年も植樹します!

こんにちは、日本eリモデルです。

リモデルの森づくり、今年の秋も六甲で、ケニアで行うこととなりました。
ケニアは10月が雨季。
大切な恵みの雨が降り注ぐこの時期に植樹をし、森へと育てていきたいと思います。

ケニアだけではなく、アフリカの多くの地域が、ガスや電気などのインフラが整っているのは数%から10%程度。燃料にするために、必然的に木を伐採するしかありません。

ケニア日本eリモデルの森は、「エイズ孤児施設ACEFジャンプ&スマイル チルドレン センター」の横に、金網で囲って森づくりを進めています。
今年は、家具に適した「ムカウ」の苗木を100本、竹を100本、ミラクルツリーと呼ばれ、様々な栄養素が豊富に含まれている「モリンガ」を600本植樹することとなりました。
そして、苗木の育成のためのスタッフの賃金、苗木を囲う金網などの設置の費用などを寄付させていただきました。
モリンガが育てば、孤児の子どもたちの栄養素となるとのことで、とても楽しみです。
植樹の様子は、またご報告いたしますのでぜひ楽しみにお待ちくださいね。